iPhone修理

iPhone修理ができる店舗

スマホを手に持つ

iPnoneが故障した場合、修理にだせる店舗は3種類あります。Apple直営店、正規サービスプロバイダ、非正規プロバイダです。今回、それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。
1.Apple直営店Apple社の正規販売店です。メリットは正規店なので信頼性が高いことや、部品の在庫が豊富なこと、保証が適応されることが挙げられます。デメリットとしては来店の際に予約が必要なことや、現在日本に7店舗と数が少なく大都市にしかないということです。
2.正規サービスプロバイダApple社から正式に依頼を受けて修理を行う店舗です。カメラのキタムラやビックカメラなどが該当します。メリットは正規店なので信頼できることや直営店より店舗数が多いこと、保証が適応されることです。デメリットとしては来店の際に予約が必要なことや、修理項目のよっては当日受け取りができないことです。
3.非正規プロバイダ個人で修理を行う店舗です。メリットとしては修理料金が安いことや店舗数が多いことです。デメリットとしてはAppleの修理保証が適応されないことです。修理の過程で起きた不具合は全て自己責任です。このようにiPhoneを修理する際には状況に応じて店舗を選択すると良いでしょう。